スポンサードリンク

2008年01月09日

【2007年間ベスト】番外BEST ALBUM部門

【2007年間ベスト】番外BEST ALBUM部門として

編集盤やBEST盤で印象に残ったものをご紹介

The Traveling Wilburys Collection
The Traveling Wilburys
B000P0J024

『The Traveling Wilburys Collection』 / The Traveling Wilburys


を筆頭に


Scottish Fiction: Best of Idlewild 1997-2007
Idlewild
B000U9WXBA

『Scottish Fiction: Best of Idlewild 1997-2007』 / Idlewild


At Your Service
Melody Club
B000SO7IVC

『At Your Service』 / Melody Club


IDEAS~the very best of KAN~(初回生産限定盤)
KAN 小林信吾 松本晃彦
B000WPD2HG

『IDEAS~the very best of KAN~』 / KAN


などなど好盤が多かった2007年。
Traveling Wilburysはご存知、George Harrison、Jeff Lynne、 Roy Orbison、Tom Petty、Bob Dylanのスーパーグループの作品で2007年を代表する好編集盤。肩の力が抜けまくった良曲が満載で思わずニヤ付いてしまう一枚。手が伸ばしやすい価格なのも嬉しいところ(DVD付の三枚組で3000円以内で買えてしまう)。
IdlewildのBEST盤は年代による違和感無く聞ける一枚で、彼らのルーツをヒシヒシ感じられます。デビューした当時はパンクなイメージが強かったIdlewildですが、BEST盤を通して聞くともっと緩やかで繊細な素晴らしいソングライティングが際立ってきます。ライブ映像とPVを含め40曲近く収録されたDVD付が凄まじいので、DVD付をお勧めいたします。
Melody Clubはスウェーデンで人気のバンドで思いっ切り80年代のサウンド。この編集盤は初期の代表曲をまとめたもので入門盤には最適です(2006年に発売されたアルバム『Scream』は国内盤出てないですし、スウェーデン盤は高いのでどうにかして頂きたい)。
そして、お馴染みのKANは新録と新曲を含めたBEST盤なのですが、代表曲を寄せ集めただけのBEST盤ではなく、しっかりとした流れのあるBEST盤なので未だにKANを聞いたことが無い人、「愛は勝つ」しか知らない人にも入りやすい一枚だと思います。


最後にBEST ARTWORK部門
April & I
Paul Steel
B000NTPEDQ

『April & I』 / Paul Steel

CDのジャケット自体が厚紙による本格的な絵本になっており、BUMP OF CHICKENも真っ青な凝った出来栄えです(内容もコンセプトアルバム風です)。Paul Steelは新作がもうすぐ発売されますので期待しています。


次回は年間BESTに挙げたバンドについて書く予定です。


スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。