スポンサードリンク

2007年12月21日

Rubber Bandが演じるBeatmasの『Xmas!』

昨年に引き続きクリスマス関連の音源をご紹介。

毎年この季節になると引っ張り出してくるのがこの『Xmas!』というアルバム。

Rubber BandというThe Beatlesのコピーバンドが、Beatlesが作ったクリスマスアルバムを想定してBeatmas名義で製作したのがこのアルバムで、そのまんまのすっとぼけたジャケットといい、アホさ加減が半端ではなく、クリスマスのスタンダードにBeatlesをミックスさせてくる力技を連発してくれています。
『Xmas!』は当然クリスマスアルバムとしても機能しているのですが、それに加えてBeatles関連のカバーアルバムとして聞いても秀逸の出来なので、一粒で二度美味しいアルバムといえるでしょう。

Rubber Bandはデンマークのバンドで1979年にキャリアをスタートさせ、メンバーチェンジを繰り返しながらも活動を続けていますので、かなりのベテランバンドといえるでしょう。このクリスマスアルバム以外の音源は入手困難ですので、今のところ他の音源を聞く機会がないのが非常に残念です。
Rubber Bandは別段歌声がそっくりというわけでもなく、全体の雰囲気で似せているバンドで、フィーリング自体が実にBeatlesのものに近いのだと思います。この事はバンドスタイルでのモノマネで一世を風靡したモト冬樹氏がライナーで指摘しており、ライナーにも実に説得力があります。

Rubber Bandオフィシャルサイト


以下、答え合せ的にご紹介

1 「Jinglebell Rock」に「Please Please Me」
2 「Santa Claus Is Coming To Town」に「Eight Days A Week」
3 「Rockin' Around The Christmas Tree」に「I Saw Her Standing There」
4 「Last Christmas」に「Please Mr. Postman」
5 「Feliz Navidad」に「No Reply」
6 「I Saw Mommy Kissing Santa Claus」に「All My Loving」
7 「Jinglebells」に「Love Me Do」
8 「Rudolph The Rednosed Reindeer」に「Taxman」
9 「Mary's Boy Child」に「Nowhere Man」
10 「White Christmas」に「Ticket To Ride」
11 「Silent Night」に「Lucy In The Sky With Diamonds」
12 「A Bairn Is Born In Beatlehome」はIntroに「A Day In The Life」で途中で「She Loves You」が出てきて、様々なスタンダード(「In The Mood」などなど)を挟みつつOutroに「All You Need Is Love」


中でもWham「Last Christmas」「Please Mr. Postman」の強引なミックスはツボに嵌ると抜け出せないポップさです。

ザ・ビ-トマスの4人はサンタクロ-ス!
ザ・ビートマス
B0000561RH

amazonでは見つからなかったのですが、この作品は何度か再発されており、今年も発売されています。

今年はThe Beatlesの映像関連のリリースもあり、また、Paul McCartneyRingo Starrのソロでの活動でも動きがあった年です(まあ毎年のようにBeatles関連は動きがあるのですが)。


BEATMASの『Xmas!』はそんな一年の締めにピッタリのアルバムといえるでしょう。


スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。