スポンサードリンク

2007年10月03日

Radioheadの『In Rainbows』で取り残される人達

他のレビューに取り掛かっていたのですが、記事にせざるを得ないRadioheadの新作『In Rainbows』に関して少々。


Radioheadの新作が出るという話は以前から囁かれていましたし、オフィシャルサイト上では謎の暗号めいたものが公表されてましたので、新作発表自体に対しては驚きは無いのですが、その販売方法は特筆に価する方法だといえるでしょう。

Radioheadの新作『In Rainbows』はオフィシャルサイトから発売が決定しており、ダウンロード販売は10月10日から開始されます。

アルバムのフォーマットを整理すると、アルバムはダウンロード販売と、アナログ2枚組+CD2枚組からなる「Discbox」の2つのフォーマット。
「Discbox」には2枚組のアナログ盤とボーナスCDとして新曲やデジタル画像+アートワークが収録された2枚目のCDが付属。そしてブックレットなども付属しており豪華な仕様になっているようです。
この「Discbox」は12月3日から順次発送が開始されるとの事で、現在サイトでプレオーダーが出来ます。
ここまでなら、まあ予想の範囲内の事なのですが、注目はその価格設定でして、「Discbox」は40ポンド(約9,000〜10,000円程度)という価格設定がされているものの、ダウンロード販売に関してはカートの価格欄にも表示が無く、購入者が自由に価格を設定出来るというかなり特殊なものになっています(個人的には「欽ちゃんのシネマジャック」を思い出しましたが)。

『In Rainbows』のダウンロードにはトランザクションの手数料が0.45ポンドかかりますので、完全に無料でダウンロード出来るわけではないですが、実質フリーダウンロードに近い形での提供となっており、当然、ファンからの声の多くは好意的なものとなっているようです。
Radioheadへの感謝の気持ちから、全く値段を付けないリスナーは今のところ少ないようで、リスナーの反応やサイトの混雑具合(これはサーバーの問題かもしれませんが)、話題性から考えても高価な「Discbox」にも相当な注文数があるのではないでしょうか?


個人的にはRadioheadのとった方法論は間違いではないと思っています。

問題点を挙げるとしたら、インターネットの環境を持っていない(もしくはクレジットカードを持っていないなどの理由で)サイトから注文が出来ないリスナーが取り残されてしまうという点で、熱心なリスナーは「Discbox」を注文し、ライトリスナーはダウンロード販売で手に入れると思います(金銭的に苦しいリスナーもこれを選ばざるを得ない)ので、ちょうど中間層である一般的なリスナーの受け入れ口が狭いように思います。

当然、来年当たりにCDなどが一般的な流通網で販売されると思うのですが、その取り残されたユーザーがどのような消費行動に出るのかという予想は立て難いように思います。

ご存知の通り、RadioheadはEMIとの契約が終了していますので、この様に自由な形で音楽を発表出来ました。そしてその結果、レコード会社の必要性すら取り払ってしまいました。
しかし、一般の流通網に乗るためには、レコード会社と新しく何らかの契約を結ぶ必要がありますし、果たして大手のレコード会社が友好的に契約を結ぶのかどうかの成り行きを見守る必要があると思います。
Princeの件の様にレコード会社からの反発も予想されますし、その場合はインディーズレーベルからの発売という可能性も高いのではないでしょうか?
そして、ダウンロード販売に消極的な日本の音楽業界において、ある意味、無料で配られた作品でもあり、付加価値をつけまくったコレクター仕様の作品でもある『In Rainbows』の日本盤をどのような形で発売するのかが興味深いところではあります(あと広告による依存度の高い日本の音楽雑誌でのRadioheadの扱いがどうなるのかも)。


ある意味、Radioheadのように確固たるポジションにいるアーティストにしか出来ない仕掛けですし、Radioheadがやるからこそ意味があるのだと思います。

どちらにせよ、色々な意味で一石を投じることになったRadiohead『In Rainbows』の販売方法を支持したいと思います。

『In Rainbows』オフィシャルサイト


Radiohead 『In Rainbows』

15 STEP
BODYSNATCHERS
NUDE
WEIRD FISHES/ARPEGGI
ALL I NEED
FAUST ARP
RECKONER
HOUSE OF CARDS
JIGSAW FALLING INTO PLACE
VIDEOTAPE

≪bonus disc≫
01. MK 1
02. Down Is the New Up
03. Go Slowly
04. MK 2
05. Last Flowers
06. Up on the Ladder
07. Bangers and Mash
08. 4 Minute Warning

Dead Children Playing: A Picture Book (Radiohead)
Stanley Donwood

Dead Children Playing: A Picture Book (Radiohead)
Airbag/How Am I Driving? スピッティング・フェザーズ 2+2=5 ヘイ・ヴィーナス!
by G-Tools


スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。