スポンサードリンク

2007年09月06日

「iPod touch」の発表とApple社の経営戦略

昨日のアップルのイベントで新型iPodが発表されました。

この話題で今日のネット界隈は持ちきりですので便乗して一言。

自分は大分前の型の東芝gigabeatを持っていて、iPodは持っていないのですが、流石に「iPod touch」には興味津々です。
無線LANを搭載しているのが何よりも強みで、容量が少ない事とバッテリーの問題を除けば非常に魅力的な商品だと思いますし、これは相当売れるのではないかなと思います。
新型「iPod nano」のスペックやデザインには興味が無いですし、購入するなら「iPod touch」か、従来型の「iPod classic」の80GBでは無いかなと思っています。

薄くはなったものの、太めになった「iPod nano」
Apple iPod nano 8GB シルバー
B000IIJ2QC

自分は公共機関での移動が少ない分、携帯型プレイヤーの出番がほとんど無い生活を送っているのですが、その自分でさえ興味を持ちましたから、iPodユーザーからすれば非常にインパクトの大きい新商品になったのではないでしょうか。
Apple iPod touch 8GB
B000IDHJ30

音楽業界を塗り替えたといっても過言ではないiPodですが、今後も独占状態が続きそうです(個人的にはApple社の独占状態を切り崩す企業が出てきて欲しいと思っていますが)。

これはApple社の経営戦略の賜物だし、音楽リスナーが生み出した最大の発明なのかもしれません。

iPodの開発に関してはこちらに詳しい記事がありますので、興味のある方はご参照を。

最初にいたのは、たったの2人だけだった。

自分の生活に関係ないとしても、手にとって見たいと思わせるモノ。

iPodは本当の意味でのヒット商品だと思います。





スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。