スポンサードリンク

2007年08月06日

プログラマーの方とのミーティングとライブレビュー機能に関して

プログラマーの方とミーティングを重ねているのですが、構想にあった機能のほとんどをサイトに実装出来そうです。

結構わがままな機能が多かったですし、技術的に難しい部分もあるかと思ったのですが、優秀なプログラマーの方のおかげで、無事作成して頂けそうです。
逆に心配なのは多機能にしすぎて、ユーザーの方が混乱しないかという事で、これは贅沢な悩みでしょうか。
自分の知る限りインターネット上のサービスのほとんどが、まずは核となる特化した機能を軸に展開していき、その後、様々な機能を加えていくという手法を取っています。
ミニマムからのスタートであれば、初期投資の面でもリスクを避けることが出来ますし、将来的にもある程度のユーザーを囲い込んでから新たな機能を追加していければ、新鮮味を保ちつつ収益に結びつけることが出来るので、当たり前といえば当たり前の手法だといえ、今までにない斬新なサイトやサービスであればあるほど有効的だといえると思います。

ただ、作成している音楽データベースサイトのキモになる部分というのは多くの機能が相互関係を構築して初めて生まれるユーザーの利便性だと思っていますので、多機能になりすぎる部分は仕方ないと思っています。
ひとつひとつの機能は革新的でないかもしれませんが、様々な機能の組み合わせで新しく便利で便利で仕方ないサイトになれば良いかなと思っています。

この辺は楽しみにしてもらって構いません。

最近、特に機能の中で充実させたいと思っている部分の一つにライブに対するレビュー機能があるのですが、これは他のサイトではあまり見ない機能だと思っています。
もちろん、データベースやSNSの機能と連動させるので、好きなアーティストのライブ情報や現地でのレポートを簡単に検索できるようになります。
先日Princeの記事をエントリーした時も改めて思ったのですが、音楽の基本はライブだという事。
音楽のフォーマットが音楽配信が中心になったとしても、原点である直接音楽を伝えるライブは無くならないですし、逆にそこからずれてしまったアーティストが本当の意味で音楽を届ける事は出来ないと思っています。
音楽データベースサイトが、アーティストとリスナー、そしてライブとリスナーを繋ぐ手助けが出来るのなら、ちょっと嬉しいです。
そんなサイトになる事を目指していきたいと思います。

当サイト『音楽データベースをみんなで作ろう』では、音楽データベース作成に協力してくださるサイト様を募集しております(「サイトが出来れば会員登録するよー」ってなくらいの気持ちで大丈夫ですので)。当サイト『音楽データベースをみんなで作ろう』をサイト内でご紹介頂くか、リンクを貼って頂ければ、こちらでもリンクを貼らせて頂きますので、ご一報下さい。

mixi内にコミュニティも作っておりますので「こんな機能があったら便利だなー」など何か御意見・御感想ありましたら、気軽に参加して頂ければ助かります。
また、音楽データベースサイトのプロトタイプが10月中に完成予定です。完成後はコミュニティ参加者に実験的に使って頂き、最終的に修正を掛けていくつもりです。ですので、モニターとして参加されたい方、サイト作りに係わって下さる方は、ぜひコミュニティにご参加下さい。優先的に音楽データベースサイトの情報をご案内させて頂きます。

こちらの方もどうぞ宜しくお願いいたします。


スポンサードリンク

posted by jojo at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイト作成経過
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。