スポンサードリンク

2007年05月28日

素晴らしき懐古主義Manic Street Preachersの『Send Away the Tigers』

 インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。
 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。【毎日新聞より】
またまた、JASRAC関連で不可解な判決です。
ストレージとはデータファイルを一時的に保管出来たり、共有できるサービスですが、今回のイメージシティ社のサービスの場合、利用者本人にしかダウンロード出来ない為、非常に不可解と言わざるを得ない判決となりました。
このニュースだけでははっきりと分からない部分があるのですが、本人以外がダウンロードで出来る可能性があるとでも判断されたのでしょうか?
どちらにせよ、この判決では全てのストレージサービスが著作権を侵害している事になるのではないかと思います。
当然、ネット界でも話題騒然であちらこちらで話題になっていますし、ほとんどのサイトがJASRACと裁判官に批判的な論調になっています。

このような判決が出るようだと、以前話題にしたManic Street Preachersのフリーダウンロードなどは、日本では夢のまた夢の話になるわけで、音楽配信に関しては完全に後進国である日本の現状を嘆かざるをえません。


さて、そのManic Street Preachersの新作である『Send Away the Tigers』はロックバンドとしての瑞々しさを失わないコンパクトな良作となりました。
先行シングルである「Your Love Alone Is Not Enough」CardigansNina Perssonをゲストボーカルに迎え、全英チャートでも2位を獲得するヒットで健在振りを発揮し、アルバム『Send Away the Tigers』が2位を獲得(1位はArctic Monkeys)することで、アルバム収録曲の「Underdogs」の先行フリーダウンロードがセールスを落とすものではない事を証明してみせる結果となりました。

新作『Send Away the Tigers』James Dean Bradfieldがギターを弾きまくっているもののソリッドな緊迫感は希薄で、前作では影を潜めたストリングスも復活している為、懐古主義的な捉え方をされてしまうかもしれません。
しかし、それはこのアルバムの表面をなぞっただけに過ぎず、むしろ彼らが長年培ってきた様々な音楽のエッセンスが、偏らずコンパクトにアルバムの中に詰め込まれている事に注目すべきだと思います。
また、楽曲自体もコンパクトに仕上がっており、僅か38分のアルバムは、リスナーにとって非常に聴きやすい作品ながらも鮮烈な印象を残します。

Manic Street Preachersはご存知の通り、サウンドと歌詞を分業しているバンドで、James Dean Bradfieldの書く古典的にポップなメロディと演奏能力の高さ+Nicky Wireの書く難解でメッセージ性の強い歌詞というのが特色なわけで、それは一貫して変わっていません。
ただ、今回の作品はソロアルバムを消化したJames Dean Bradfieldの書くメロディが今まで以上に温かになり、Nicky Wireの歌詞はより攻撃的になっているように思います。
(※今回は今まで以上にドラムのSean Mooreも楽曲作りに参加しているとの事。リズムの強度が高い楽曲群が増えたのはその辺が影響しているのかもしれない)


『Send Away the Tigers』Manic Street Preachersの原点回帰作でありながら、今までの音楽的変化の歴史が詰め込まれた代表作といっても過言は無いでしょう。

もしそれを懐古主義と呼ぶのであれば、素晴らしき懐古主義だと思います。

Send Away the Tigers
Manic Street Preachers
B000NJLQUQ


Manic Street Preachers


蛇足の話ですが『Send Away the Tigers』の輸入盤は全10曲で少し無音が続いた後に「Working Class Hero」(ご存知John Lennonのカバー)がシークレットトラックとして収録されています。
しかし、国内盤では11曲目として独立して収録されており、ボーナストラックが12〜14曲目ですので、アルバムの構成、世界観からいえば完全に蛇足です。
Manic Street Preachersは歌詞カードを手元に置いて聴きたいバンドなので国内盤を買う人が多いと思うのですが、この点だけはご注意下さい。


スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42968672
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。