スポンサードリンク

2007年03月08日

いつまでも回り続けるThe Queersの『Munki Brain』

子供の頃、アレを望む事がすごく申し訳なくて、照れくさくて欲しくない振りをした。
だけど遠慮なく、アレを望む君を見てホントはちょっと羨ましかったんだ。
あの頃欲しかったアレは、もうそれほど欲しくなくなったけど、ホントはちょっとじゃなくて大分羨ましかった事に気づいたんだ。
あの頃手に入れなかったアレはもうどこにも置いていないくせに。



人生においてそんな話はどこにでもあるけれど、音楽もきっとそうなんだと思います。

The Queersの新作『Munki Brain』を聞いていると懐かしくて甘酸っぱくて泣きじゃくる子供のような気持ちになります。
もうすでにあちらこちらで絶賛されているので、書く事が無くなるくらいの傑作だけど、それでも書かなくてはいけないのは多くの人に届いて欲しいと強く思うからであります。


頭に思い浮かんだGreen DayThe MuffsThe Beach Boys

だけどそんな陳腐な修辞詞すらこの作品には必要がないのだと思います。

聞けば聞くほど泣けるけど、その一方で不安と強迫観念にとらわれるほどの傑作は、大人になれなかった大人と子供になれなかった若者達の為のロックンロール。

本当にやりたい事はそれなのかい?

本当に好きなものはそれなのかい?


評価を求めるあまり本質からずれてしまったバンドが多い中、Queersは本質から逃げずに徹底的にグルグルと同じ場所を回り続けています。

Munki Brain
The Queers
B000MR9EIU


新作『Munki Brain』に収録されている、伝説のサーファーである「Duke Kahanamoku」をズバリそのままタイトルにしたアホアホハワイソングはBeach Boysの素敵な現代解釈だと思うし、Skeeter Davisのカバーである「I Can't Stay Mad at You」Beach Boysの流れを汲みながらのコーラスワークを堪能できる良カバーだと思います。
これだけ長いキャリアを持つQueersが奏でる音楽は、飛び跳ねるようにポップでバブルガムでご機嫌な楽曲達で、それは不器用かもしれないけど、どこにも驕りが無い音楽に聴こえます。

多分その事が、音楽に関わる人間を不安にすらさせるのだと思います。

そんな『Munki Brain』の最後に収録されている、その名も「Brian Wilson」という曲があるのですが、いつもお世話になっているThe Muffs' Fanpage In Japanのぴかおさん訳詞が素晴らしいので転載させて頂きます。
「Brian Wilson」

by The Queers

ベッドの中に10年間篭りっ放しで

頭の中で暮らしていたら

いつの間にか世界は様変わり

一体いつから現実が敵になってしまったの?

一体いつ夏は終わったの?


ベイビー、でもこれで全部終わったわけじゃないんだぜ

どんなに打ちのめされようとも

あなたの歌を聴けば

また一からやり直す勇気が湧いてくるよ

僕はあなたと一緒にこの歌を歌いたいのさ


きっと大丈夫だよ、ブライアン・ウィルソン

きっと大丈夫だよ、僕があなたの傍にいるからね

きっと大丈夫だよ、ブライアン・ウィルソン

だってあなたはまだ生きているじゃないか


話し相手なんていない僕だけど

あなたは僕の一番大切な人

あなたの歌だけが僕の心の支え

だからこの広い世界の中で一人ぼっちでもやっていけるんだよ


きっと大丈夫だよ、ブライアン・ウィルソン

きっと大丈夫だよ、僕があなたの傍にいるからね

きっと大丈夫だよ、ブライアン・ウィルソン

だってあなたはまだ生きているじゃないか


きっと大丈夫だよ ねえ、ブライアン・ウィルソン

日本盤に付いてた訳詞の100倍素敵でスウィートな訳詞だと思います。

Queersに関してはぴかおさんの解説付きディスコグラフィーもあるので興味を持った人はぜひ読んで見て下さい。

Queersを本格的に聴き始めたのは前作『Pleasant Screams』のレビューをぴかおさんのサイトで読んだ事がきっかけだったと思います。
Muffsが好きだった事でぴかおさんのサイトを知ったわけだから、MuffsがいなかったらQueersには出会ってなかったなかったかもしれない。
だけど、Beach BoysRamonesを聞き続けている限り、いつの日かMuffsQueersにも出会っていたんだと思います。

Pleasant Screams
The Queers
B000063COM


こうやって音楽は回っていくものだし、人と人とが繋がっていくものだなと思います。

そしてこんな素敵な音楽が、いついつまでも生まれ続けていく事を心より願うわけであります。


スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2007-03-11
Excerpt: 音楽データベースをみんなで作ろう♪さんでもクイアーズの『Munki Brain』が絶賛されております! たしかに『Munki Brain』の日本盤の対訳はイマイチでしたねえ。直訳しただけって感じで。..
Weblog: マフスのはてな
Tracked: 2007-03-17 16:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。