スポンサードリンク

2006年11月23日

ベスト盤を考える。oasisの「Stop the Clocks」によせて

元来ベスト盤というのは、長年にわたりアーティスト活動を続けてきた証でもあり、多くの作品を生み出し続けたアーティストを、後追いで追いかけるリスナー為の入門盤であったはずです。

昨今ではアーティストの意向と関係なく、ベスト盤が発売される事が当たり前なってきているのは周知の事実だと思いますが、これはアーティストの契約上の問題も複雑に関係していて、アーティストがレコード会社を移籍する場合は殆どの場合でベスト盤が発売されます。

簡単にいえば
「あんたら契約上はあと○枚アルバムを出す契約なんだから、移籍するならベスト盤を出さないと移籍出来ませんよ」
という事なのです。

日本の場合はセールス的な問題で、キャリアの浅いアーティストにも早い段階でベスト盤を出させる傾向にあるのですが、海外のアーティストの場合、このような裏事情がある場合が多いのです。


先日発売されたoasisのベスト盤「Stop the Clocks」もこのような事情がある作品で、次回作は自分達のレーベルであるBig Brotherでの展開を予定しているoasisがsony側から促されて製作したベスト盤です。
oasisの中心メンバーであるノエルいわく「自分が監修しないとsonyに勝手にシングルヒッツを出される」との事で、渋々ノエル自身が選曲したベストアルバムになっているのですが、この二枚組の選曲は興味深い物になっています。

oasisのライブを体験した事がある方ならお分かりかと思うのですが、ライブのセットリストに非常に近い印象を受けます。
「Rock 'N' Roll Star」で始まり「Don't Look Back In Anger」で終る選曲はライブそのものだし(日本盤はボーナストラックが入ってますが)あえてシングル曲の収録を減らし、B面の曲を散らしている事でベスト盤にありがちな重たさも無く、すっきり聴けるアルバムとして成立しています。

このベストアルバムに関して、日本でも馴染みの深い名曲「Whatever」が収録されていない事に、ファンの間で賛否両論が起こっているのですが、私自身はこれは大正解だと思っています。

「Whatever」自体がライブで歌われる事の少ない曲だという事もあるのですが、個人的にoasisがここまでメジャーなバンドになったのはファーストアルバム「Definitely Maybe」とセカンドアルバム「Morning Glory」を繋ぐ役目の「Whatever」の存在が大きく、セカンドアルバムからシングルになった「Roll With It」「Wonderwall」「Don't Look Back In Anger」の三枚がカップリング曲を含めて神がかり的に出来が良かった事こそがoasisの全てだと思っています。
未だにどのアルバムにも未収録の「Whatever」こそがoasisの象徴的な一曲であると思っていますし、逆に「Whatever」「Stop the Clocks」に収録されていないというところに、ノエルのこだわりや気骨を感じます。

蛇足ですが、ノエルも認めている通り「Whatever」Neil Innes「How Sweet To Be An Idiot」という曲から2小節ほど拝借してきているので、この辺りの権利的問題があって収録されなかった理由なのでは?という見方もあるようです。
個人的にはRutlesの中心人物であるNeil Innesoasisが繋がって、この二つのバンドがBeatlesを中心に繋がっている事の方が素晴らしく微笑ましいので、邪推しすぎなのではないかと。
ちなみに、Rutlesの「Archaeology」というアルバムに収録の「Shangri-La」が「Whatever」のアンサーソングだといわれていて、非常に懐の深い対応だなと思うわけです。
Archaeology
The Rutles
B0000081UR


話は逸れましたが、oasisのベスト盤「Stop the Clocks」は色々な意味でベスト盤の存在を考えさせれました。

ファンなら収録曲は全て持っているでしょうし必要の無いアルバムといえますが、ノエルの選曲の意図を考えながら、DVDやブックレット、アートワーク等を楽しむのであれば購入する意義は十分にあります。
oasisに触れた事のない人にとって見れば入門盤としての役目は果たしますし、このベスト盤を気に入ればオリジナルアルバムに手が伸びる事になるでしょう。


それこそが、紛れも無くベスト盤の役目だと思います。

Stop the Clocks
Oasis
B000J4OSRI


おまけ
画質は悪いですが最後の合唱をぜひ


スポンサードリンク

この記事へのコメント
ニール・イネスのヴァージョン
http://jp.youtube.com/watch?v=jM_QAFJ80GY
Posted by poronn at 2007年12月10日 13:09
>poronnさん

コメントありがとう御座います。

この動画が分かりやすいですね。

日本では決して知名度は高くないニール・イネスですが、この微笑ましい動画見てたらもっと評価されても良いのになと思います。
Posted by jojo(管理人) at 2007年12月10日 13:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。