スポンサードリンク

2006年11月04日

Gin Blossomsが放った正しいギターロック『Major Lodge Victory』

音楽バカな自分ですが、同時に野球バカ(阪神ファン)でもあります。

今年もプロ野球を見てて感動した瞬間は数多くあるのですが、中でも藤川球児という投手には何度も感動と興奮と与えられました。
この藤川球児という投手はストレートという基本中の基本の球種を勝負球としているのですが、そのストレートの威力が半端ではない事でプロ野球ファンに知られています。藤川は今年一番調子が良かった時期、一試合全部ストレートしか投げないという漫画のようなピッチングをしていました。
彼は中継ぎ・抑えのピッチャーですので、多く投げたとしても一試合あたり30球程度なのですが、全力投球のストレートは、バッターがストレートを待っているのに振り遅れてしまうという凄まじいストレートでした。

藤川球児という投手を野球に詳しくない人が見れば、昔から凄いピッチャーで順風満帆の野球人生を送ってきたかのような錯覚に陥るのですが、これは実は違っていて、彼は紆余曲折の野球人生を歩んできているのです。

松坂世代でもある藤川はドラフトでこそ1位指名されましたが、当時は「広末涼子の同級生」という触れ込みだけが目立ち、素材の良さは評価されていたものの、球速が130キロ台後半程度の並みの投手でした。しかも、幾度となくの故障に泣かされ、一時は引退の瀬戸際まで追い込まれた選手なのです。

その藤川が150キロを超える速球で、ここ二年の間に年間80試合登板、47回2/3連続無失点、38試合連続無失点などの球史に残るような記録を残しました。

藤川のピッチングのスタイルが今後どうなるかは分かりませんが、試練を乗り越えて辿り着いたストレート勝負だからこそ、見るものを感動させ続けるのではないかと思うのです。



さて、90年代のROCKを聴いてきた人間なら、一度は耳にした事のあるバンドGin Blossomsの待望の最新作が発売されています。

Gin Blossomsの代表的な曲といえば映画「エンパイア・レコードのテーマソングになった「Til I Hear It From You」(セカンドフルアルバム「Congratulations I'm Sorry」の日本盤にも収録)が有名だと思うのですが、当時のシーンにおいても、実に真っ当なギターロックを鳴らすバンドでした。そんなGin Blossomsが10年振りに完成させたのが、今作「Major Lodge Victory」という作品でして、これが実に味わい深いギターロックの名盤となってます。

ほとんどのバンドは長い間音楽活動を続けていくにつれて音に迷いや停滞を見せてしまうのですが、Gin Blossomsは10年前から音楽の軸が一ミリもぶれていません。
Gin Blossomsの音は過剰にアッパーでもなくハードな音でもないですが、非常に心に染みるメロディと心地よいギターサウンドを全編に渡り聴かせてくれています。非常にストレートで直球勝負な音作りですが、今作はクオリティが高い為、最後までテンションが落ちずにアルバム一枚を聴き通す事が出来ます。

また、音だけ聴くとこのバンドが随分と長い間変わらずに、このようなギターロックを鳴らしてきたかのような錯覚に陥りますが、実はこのバンド、メンバーの脱退や死そして解散→再結成という紆余曲折があったバンドです。
幾多の試練を乗り越えてこのサウンドに戻ってきたという事が素晴らしく、むしろそのサウンドが以前より輝きを放っているという事実がGin Blossomsの音楽を聴くものを感動させ続けるのではないかと思うのです。


Gin Blossomsの略歴についてはGin Blossom's Worldさんという素晴らしい日本語のファンサイトがあるのでそちらをぜひ参照して頂きたいと思います。特に最新のインタビューはかなり興味深い内容になっています。

長々と書きましたが、私自身もこのGin Blossomsの最新作のことは昨日ご紹介させていただいたThe Muffs' Fanpage In Japanさんのこの記事で知って、大慌てで購入した次第です。
悲しいかな日本盤も出ていない為、ほとんどの音楽誌ではなかったことのような扱いですが、インターネットのサイトやブログから口コミでCDが売れる時代がすぐそこまで来ていると信じたいです。音楽業界のマーケティングにおいてリスナーの声が無視できないように、微力でも何かを伝えれるようなサイトを作れるようにしたいものです。

Major Lodge Victory
Gin Blossoms

B000G2YD14

関連商品
Another Fine Day
ザ・シルバー・ライニング
The Lemonheads
How to Save a Life
Open Season
by G-Tools



スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。