スポンサードリンク

2006年10月30日

全米における音楽販売業者のランキング

1.Wal-Mart (1)
2.Best Buy (2)
3.Target (3)
4.Amazon.com (4)
5.FYE (10)
6.Circuit City (Tied for 5)
7.Apple\iTunes (14)
8.Tower Records (Tied for 7)
9.Sam Goody (Tied for 5)
10.Borders (9)

さて、これは何かというとアメリカにおける音楽販売業者のランキングでして日本では馴染みの無い会社が上位に並んでいます。
上位に並んでいる会社は、所謂安売りのスーパー量販店や百貨店で、音楽配信の普及が騒がれていますが、Apple\iTunesがようやく7位という感じです。今後もちろん音楽配信会社が上位に来る事は予想されますが、上位の壁を破るのは至難のような気がします。アメリカは日本と違い再販価格制度が無い為、CDが自由競争に近い形で安売りされています。
つまり、ビルボードのTOP10に入るような売れ筋のCDがドカッと山積みで安売りされているイメージで、日本でいうならジャスコの特売コーナーにCDが置いてある感じだと思います。
Tower Recordsが倒産したのは音楽配信の影響云々ではなく、恐らく安売り競争に敗れ、ネット通販で敗れ、結局はどっちつかずになったからではないかと思っているのですが実際のところはどうなんでしょう。

一方日本ではHMVがかなり強いイメージですが、通販サイトとしては重たすぎるのが難点です。その点amazonは軽いですが、検索に若干難があります。価格に関してはUS盤はamazonに軍配が上がりますが、UK盤はHMVに軍配が上がります。これは、会社のネットワークの地域性によるものですが、この辺の知識があれば比較する事でCDも安く購入する事ができます。
また、UKのアーティストで比較的メジャーなアーティストの場合、しばらく経つとUS盤が発売されますので、急ぎで無い場合は様子を見た方が良い場合もあります。

私の場合(JAZZやクラッシックこの例に限りません)

US盤→amazon
US盤で日本のamazonの価格が高い場合、本家のamazon.com(マーケットプライスを含む)かHMVで検索します。

UK盤→HMV
UK盤でUS盤が出そうなものはamazonで。

この様な感じで検索してます(Tower Recordsはあまり安かった事が無いので利用頻度は低いです)。

最近の動向として、HMVが輸入盤を3枚買うと25%OFFのセールを長期間に渡って行っており、このセールが適応になる場合は全体的にamazonより価格は安くなる事が多いです。

HMVではポイント制度、amazonではギフト券でのキャッシュバックもありますので、このあたりも考慮に入れると良いかもしれません。

私の場合、実店舗まで足を運んでCDを買う事はめっきり減りました。

今後、日本の業界の制度がどのように変動するかはわかりませんが、再販価格制度がある以上、国内盤の安売りは出来ませんので、圧倒的な品揃えの通販サイトに、今まで以上に実店舗が押される事になるのは間違いないでしょう。
最近どこの店舗でもDVD売り場が拡大されているのは、この様な事情も関係しているかと思います。もちろん、その背景にはDVDが圧倒的な価格破壊により売りやすい媒体になったという事もあるのですが、音楽CDを店舗で売ることが難しいという流れですので、DVD販売を主体にする店舗が増えていく事は仕方がないのかもしれません。

ただ、この流れが続いた場合、日本では音楽自体がアンダーグランドな趣味になってしまう恐れもあると思います。
そうならない為にも、リスナーから情報を発信し続ける事は大切な事ではないでしょうか?


スポンサードリンク

この記事へのコメント
タワレコ倒産はショックだったなぁ。

amazonは在庫ありのものは早いよね。
豊富に流通しているものとか、
アメリカのメジャー系は早いし、安い。
Universal,Sony(CBS),EMI,Warner なんか。
下手すると本国よりも安かったりする。

でも基本は「本屋さん」のようで、
インディーズ系とかは弱いねぇ。
初回限定生産にも弱いなぁ。
オマケつきなんか、まず入手できない。

その点、HMV,日本Towerはバイヤーが
しっかりしてるので、奥の細道も
よくカバーしてます。
おおお、こんなものまで!があったりもします。

最近はHMVのほうが多いかな。
UK&US Amazon, CD Universe, Cheap-CDs,
Barnes & Nobles, Ebay あたりまで手を回せば、
大抵のものは手にはいるから、
ほんとに店では買わないなぁ。
他の買い物ついでのタワレコぐらいか。
Posted by あぼ2号 at 2006年11月02日 21:06
>あぼさん

amazonのロングテール戦略は見事ですね。
あぼさんが書かれているように、インディーズ系は最近HMVが強いと思います(シングルは特に)。

アルバムはamazon.comの中古を使えばほとんど手に入りますし、海外のHMVで取り扱っている商品は基本的に日本のHMVでも手に入りますしね。

店舗でピンと来た物も結局通販で買っちゃったりしますし・・・
もう少し時間があれば、ガッチリ視聴して店舗で買い漁りたいんですけど。
Posted by jojo(管理人) at 2006年11月02日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26456732
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。