スポンサードリンク

2006年10月29日

PETER AND GORDONと東芝EMIの廉価盤

今日は音楽的な話も少し。

日本でもっともロックの名盤的な音源を保持しているのは東芝EMIだと思うのですが、最近はCCCDの件で迷走しがちなイメージがあります。
折角の音源ですので、廉価盤で大量に放出して欲しいなと思っていた矢先、これらの音源が三ヶ月限定ですが1,500円で購入できます。


THE ANIMALS
アニマル・トラックス TOCP-53841
THE HOLLIES
バタフライ TOCP-53842
PETER AND GORDON
ピーター・アンド・ゴードン TOCP-53843
HERMAN'S HERMITS
ハーマンズ・ハーミッツ TOCP-53844
JETHRO TULL
アクアラング TOCP-53845
TEN YEARS AFTER
夜明けのない朝 TOCP-53846
SUZI QUATRO
陶酔のアイドル TOCP-53847
DR.FEELGOOD
ダウン・バイ・ザ・ジェティー TOCP-53848
DR.FEELGOOD
不正療法 TOCP-53849
DURAN DURAN
セブン・アンド・ラグド・タイガー TOCP-53850
ROBERT PALMER
HEAVY NOVA TOCP-53851
ULTRAVOX
ヴィエナ TOCP-53852
THE STRANGLERS
ノー・モア・ヒーローズ TOCP-53853
GENERATION X
ジェネレーションX TOCP-53854
THUNDER
バック・ストリート・シンフォニー TOCP-53855
GOMEZ
ブリング・イット・オン TOCP-53856
GOMEZ
リキッド・スキン TOCP-53857
RADIOHEAD
アムニージアック TOCP-53858
RADIOHEAD
ヘイル・トゥ・ザ・シーフ TOCP-53859
GORILLAZ
リラズ TOCP-53860
GORILLAZ
G SIDES TOCP-53861
THE MUSIC
THE MUSIC TOCP-53862
SUPERGRASS
アイ・シュド・ココ TOCP-53863
GENESIS
インヴィジブル・タッチ TOCP-53864
ROXY MUSIC
アヴァロン TOCP-53865
GARY MOORE
ワイルド・フロンティア TOCP-53866
SIMPLE MINDS
スパークル・イン・ザ・レイン TOCP-53867
MADNESS
ワン・ステップ・ビヨンド TOCP-53868
HUMAN LEAGUE
デアー! TOCP-53869
MASSIVE ATTACK
ブルー・ラインズ TOCP-53870
RICHARD ASHCROFT
ALONE WITH EVERYBODY TOCP-53871

新旧混じったラインナップですが、PETER AND GORDONDR.FEELGOODなどの音源は中古でも探しにくいポジションの音源なので、この機会に購入されるのも良いのではないでしょうか。
私もPETER AND GORDONの音源は即購入しましたが、これが素晴らしい音源でしてソフトロックやフォークロックの起源となる名盤であると共に、非常にポップでありながらも音の端々から品を感じるイカした作品集だと思います。ポールマッカートニーが楽曲提供した事で有名なア・ワールド・ウィザウト・ラヴ(愛なき世界) / A World Without Love(ポールは当時、ピーターの妹ジェーンと交際してました)だけを語られ事が多い彼等ですが、カバー曲のアレンジのセンスの良さが素晴らしく、オリジナルの解釈を加えつつも原曲の良さを壊さない好カバーが多く収録されています。また、あまり注目されてませんが、アルバムの中に絶妙に配置されたオリジナルの楽曲も決してクオリティが低いわけではなく、その辺ももっと語られるべきものだと思います。

ちなみにライナーの中でも解説されているのですが、

「君と僕とで、ピーター・アンド・ゴードンみたいなイカしたデュオを組んでみないか?」

という素晴らしい誘い文句があります。

この言葉はジーン・クラークがロジャー・マッギンと初めて出会った時の言葉だそうですが、この誘い文句は凄く粋だと思いますし、この言葉が無ければザ・バーズが生まれてなかったと思うと感慨深いものがあります。

この辺の話も含めてライナーの文章は充実しており、これで1500円は素晴らしいです。

日本盤の大きな特徴として、このようなライナーの存在があるのですが、しっかりしたライナーと対訳があってこの位の値段なら輸入盤や音楽配信にユーザーが流れる事はまずないのですから、日本のレコード会社はもっと力を入れてもいいのではないでしょうか?
(もちろん、気付きつつあるので、昔に比べて廉価盤が早いスパンで登場しているんでしょうが)

ピーター・アンド・ゴードン
ピーター・アンド・ゴードン
B000HOJBIG



スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26317620
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。