スポンサードリンク

2007年09月26日

「みくみくにしてあげる♪」とニコニコ動画は音楽業界に変化をもたらすのか?

ニコニコ動画のユーザーの方ならご存知でしょうが、「みくみくにしてあげる♪」という楽曲が話題になっています。

この曲は、ユーザーが作ったオリジナルの楽曲と歌詞で、ボーカロイド初音ミクが歌い上げたというもの。

詳しくはらばQさんの「みくみく」にされちゃうのはむしろ音楽業界のほうではないかあたりを参照。

※ニコニコ動画のアカウントが無い方はYouTubeでも楽曲は聞けます。


このニュースの見るべき部分は一点で、契約のしがらみの無いネット上で作られた完全なオリジナル楽曲が市場を形成できるのか?


という事で、結論から言うとらばQさんで指摘されているように
オリジナル楽曲と、歌声という楽器と、ユーザー自身による歌唱。

これらがじゅうぶんな数を揃えたとき、消費者はニコニコ動画やYouTubeで聞ける音楽に満足してしまわないでしょうか?

少なくともそれが消費者の音楽を聴く時間を、従来のJ-POPなどから奪うことになるわけです。

そう、既存のアーティストの最大のライバルとして、ユーザーが作った音楽が台頭する可能性すらあるわけです。

〜中略〜

もう「専業のプロ」が出る幕すら無くなってしまうのではないかと思ってしまいます。
とまでは思いませんし、大きな市場は形成出来ないと思っています。


まず、ニコニコ動画に関しては、日本での著作権保護の観点から見れば完全にアウトですので、プロモーションにはなり得ても、安定した市場を形成できるかといえば難しいでしょう(もちろん、ニコニコ市場を活用したアフィリエイト収益は馬鹿に出来ませんが、長期的で安定した市場になり得るかは疑問)。

また、「みくみくにしてあげる♪」という曲が一般的な音楽市場に出回るには様々な契約が必要だし、利権が絡むと非常に難しい部分があるように思います。
その辺をクリアできるかどうかが今後の課題になるのかも知れません。
ですので、「みくみくにしてあげる♪」が音楽業界を変えるとか、流通形態を変えるなどとまでは、思えないというのが正直な感想です。

ただ、インターネットの可能性に日本の音楽業界は背を向けすぎているだけで、新たな業種やビジネスチャンスが生まれたインターネット上で、音楽業界も多分に洩れず、新たな市場を次々に生みだせるはずです。
その意味で「みくみくにしてあげる♪」のような形での音楽の配信方法は誕生すべくして誕生したといえますし、「みくみくにしてあげる♪」が話題になった事がきっかけで、多少なりとも音楽業界が活性化されるのではないかなとは思います。


どこかの誰かがアイデアを生み出し続ける限り、新たなビジネスチャンスは広がり続ける。
そしてインターネット上では世界中のユーザーがアイデアを育てることが出来る。

これからのビジネスは企業が仕掛けるだけでなく、ユーザーが育てるものでないかと思っています。



そして、musiraもユーザーに育てられることによって、音楽業界に一石を投じるサイトになれば良いのですが・・・


と無理やりこじつけたところで


〜以下ご案内〜

当サイト『音楽データベースをみんなで作ろう』では、音楽データベース作成に協力してくださるサイト様を募集しております(「サイトが出来れば会員登録するよー」ってなくらいの気持ちで大丈夫ですので)。当サイト『音楽データベースをみんなで作ろう』をサイト内でご紹介頂くか、リンクを貼って頂ければ、こちらでもリンクを貼らせて頂きますので、ご一報下さい。

mixi内にコミュニティも作っておりますので「こんな機能があったら便利だなー」など何か御意見・御感想ありましたら、気軽に参加して頂ければ助かります。
また、音楽データベースサイトのプロトタイプが10月中に完成予定です。完成後はコミュニティ参加者に実験的に使って頂き、最終的に修正を掛けていくつもりです。ですので、モニターとして参加されたい方、サイト作りに係わって下さる方は、ぜひコミュニティにご参加下さい。優先的に音楽データベースサイトの情報をご案内させて頂きます(現状、コミュニティは承認制ですが、メッセージを送って頂ければすぐに承認させて頂きます)。

こちらの方もどうぞ宜しくお願いいたします。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。