スポンサードリンク

2007年05月28日

素晴らしき懐古主義Manic Street Preachersの『Send Away the Tigers』

 インターネット上にデータを保存する「ストレージ」を利用し、ユーザーが自分のCDなどの音楽データを保存、いつでも携帯電話にダウンロードして聴けるサービスの提供が著作権侵害に当たるかどうかが争われた訴訟の判決で、東京地裁(高部真規子裁判長)は25日、著作権侵害に当たるとの判断を示した。
 問題のサービスは、情報通信会社「イメージシティ」(東京都台東区)が05年11月から始めた「MYUTA」。ユーザーは音楽データをパソコンから同社のサーバーに保存し、携帯電話へのダウンロードはユーザー本人しかできない。
 このサービスに対し、日本音楽著作権協会(JASRAC)は著作権侵害だと指摘。同社はサービスを中止したうえで、同協会を相手に著作権侵害に当たらないことの確認を求めて提訴していた。
 訴訟で同社は「実質的にデータ複製や送信をするのはユーザー自身。不特定多数への送信はしておらず、著作権は侵害しない」と主張したが、判決は「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」と判断。協会の許諾を受けない限り、著作権を侵害すると認定した。【毎日新聞より】
またまた、JASRAC関連で不可解な判決です。
ストレージとはデータファイルを一時的に保管出来たり、共有できるサービスですが、今回のイメージシティ社のサービスの場合、利用者本人にしかダウンロード出来ない為、非常に不可解と言わざるを得ない判決となりました。
このニュースだけでははっきりと分からない部分があるのですが、本人以外がダウンロードで出来る可能性があるとでも判断されたのでしょうか?
どちらにせよ、この判決では全てのストレージサービスが著作権を侵害している事になるのではないかと思います。
当然、ネット界でも話題騒然であちらこちらで話題になっていますし、ほとんどのサイトがJASRACと裁判官に批判的な論調になっています。

このような判決が出るようだと、以前話題にしたManic Street Preachersのフリーダウンロードなどは、日本では夢のまた夢の話になるわけで、音楽配信に関しては完全に後進国である日本の現状を嘆かざるをえません。


さて、そのManic Street Preachersの新作である『Send Away the Tigers』はロックバンドとしての瑞々しさを失わないコンパクトな良作となりました。
先行シングルである「Your Love Alone Is Not Enough」CardigansNina Perssonをゲストボーカルに迎え、全英チャートでも2位を獲得するヒットで健在振りを発揮し、アルバム『Send Away the Tigers』が2位を獲得(1位はArctic Monkeys)することで、アルバム収録曲の「Underdogs」の先行フリーダウンロードがセールスを落とすものではない事を証明してみせる結果となりました。

新作『Send Away the Tigers』James Dean Bradfieldがギターを弾きまくっているもののソリッドな緊迫感は希薄で、前作では影を潜めたストリングスも復活している為、懐古主義的な捉え方をされてしまうかもしれません。
しかし、それはこのアルバムの表面をなぞっただけに過ぎず、むしろ彼らが長年培ってきた様々な音楽のエッセンスが、偏らずコンパクトにアルバムの中に詰め込まれている事に注目すべきだと思います。
また、楽曲自体もコンパクトに仕上がっており、僅か38分のアルバムは、リスナーにとって非常に聴きやすい作品ながらも鮮烈な印象を残します。

Manic Street Preachersはご存知の通り、サウンドと歌詞を分業しているバンドで、James Dean Bradfieldの書く古典的にポップなメロディと演奏能力の高さ+Nicky Wireの書く難解でメッセージ性の強い歌詞というのが特色なわけで、それは一貫して変わっていません。
ただ、今回の作品はソロアルバムを消化したJames Dean Bradfieldの書くメロディが今まで以上に温かになり、Nicky Wireの歌詞はより攻撃的になっているように思います。
(※今回は今まで以上にドラムのSean Mooreも楽曲作りに参加しているとの事。リズムの強度が高い楽曲群が増えたのはその辺が影響しているのかもしれない)


『Send Away the Tigers』Manic Street Preachersの原点回帰作でありながら、今までの音楽的変化の歴史が詰め込まれた代表作といっても過言は無いでしょう。

もしそれを懐古主義と呼ぶのであれば、素晴らしき懐古主義だと思います。

Send Away the Tigers
Manic Street Preachers
B000NJLQUQ


Manic Street Preachers


蛇足の話ですが『Send Away the Tigers』の輸入盤は全10曲で少し無音が続いた後に「Working Class Hero」(ご存知John Lennonのカバー)がシークレットトラックとして収録されています。
しかし、国内盤では11曲目として独立して収録されており、ボーナストラックが12〜14曲目ですので、アルバムの構成、世界観からいえば完全に蛇足です。
Manic Street Preachersは歌詞カードを手元に置いて聴きたいバンドなので国内盤を買う人が多いと思うのですが、この点だけはご注意下さい。

2007年05月26日

Locksleyの『Don't Make Me Wait』とBeatlesの音楽配信

Paul McCartneyの新作『Memory Almost Full』(スターバックスのレーベル、Hear Musicから発売)がiTunesで独占配信、そして、その他の楽曲もiTunesに登場という事で話題になってます。

iTunes Storeから『Memory Almost Full』を予約購入すると、シングル「Dance Tonight」の限定アコースティックバージョンが無料でダウンロード出来、さらにアメリカのiTunes Storeで予約を行なった場合は、予約と同時にシングル「Ever Present Past」を無料ダウンロード、そしてアルバム配信の際に「Dance Tonight」のPV(ナタリーポートマンが出演)を無料でダウンロード出来るそうなので、興味のある方はお早めにどうぞ。


Paul McCartney


そして、このことからいよいよThe Beatlesの楽曲の音楽配信も間近かといわれているのですが、様々な利権が絡みあうBeatlesだけに正式な発表までには至っていません。まだ音楽配信の始まっていないアーティストの中で、もっとも配信を望む声が多いBeatlesだけに遅かれ早かれ音楽配信は始まるのだと思うのですが、実際に始まるとなると業界の不可侵領域だけに大きな話題になるのではないでしょうか。


という事で、今回は「ビートルズの再来」というとんでもないコピーを付けられたLocksleyというアメリカのバンドのご紹介です。

既に、あちらこちらで語られている通り、The Beatlesという亡霊を引き合いに出してLocksleyというバンドを語るのは簡単な事だと思います。
果たして「Beatlesっぽいバンド」という言葉で紹介してしまえば、簡単にLocksleyの紹介は終ってしまうのでしょうか?

確かにLocksleyは60年代の空気をパッケージングしたバンドなので、その例えは決して間違いではないのですが、それだけで終らせてしまうと、極端な話60年代のバンドは全てBeatlesっぽいという事になってしまうわけで、もちろんライブなどでもBeatlesをカバーしていたり(どちらかというともうすぐ新作が発売されるWhite Stripesの「Hotel Yorba」をカバーしていることの方がポイントが高いですが)、オーソドックスなバンドとしての形式においてもBeatlesLocksleyですので、影響を受けているのは確かですが、それ以上にもっと語るべき部分はあるのではないかと思います。
例えばアルバム『Don't Make Me Wait』に収録されている「She Does」という曲はどちらかというとThe Whoの影響を感じますし、アルバム全体を通すとThe Kinksのフレーバーもちりばめられています。
そして何よりも単純で陽性なメロディは90年代以降特有のもので(これも元を辿るとBeach boysなのかもしれませんが)、この辺が2000年以降の音楽リスナーにも親しみを持って受け入れられる大きな理由だと思います。
ですので、LocksleyBeatlesと比べられる事よりも、Ok Goなどのバンドと並列される事の方が大切だと思うし(むしろそうあるべき)、Locksleyの特色はUKバンドとしての形式美とサウンドを持ちながらも、そのメロディの質とメンタリティは非常にアメリカらしいバンドという事だと思うので、その部分がもっとクローズアップされても良いかなと思います。

Don't Make Me Wait(Import)
Locksley
B000M2E3EA

ドント・メイク・ミー・ウェイト(初回限定DVD付)
ロックスリー
B000OZ0JCA



Locksleyに対して斜め上から難癖をつけるのか?
それともただひたすらにフロアで踊って歌い続けるのか?

もしも二つの選択肢があるのだとしたら自分は後者を選びたいと思います。

2007年05月17日

Amazonで脅威の在庫一掃セール

今朝何気にネットを巡回してましたら、Amazonで格安のセールをやってたのでご紹介です。

Amazonは時々、とち狂ったかのようなセールを開催するのですが、今回もかなりの割引率を誇っています。

また、紹介するにあたって面白い機能が備わってたので利用してみました。Amazonではアマゾンアソシエイトプログラムという紹介システムに参加するとインスタントストア ウィジェットという機能が利用できて、簡単にショップページが作成できます。

試しに作ってみました↓

音楽データベースをみんなでつくろう的お勧め

適当に作ったのですが、結構ちゃんとしたものが出来上がります。

お勧めは新作『Send Away the Tigers』を発売したManic Street PreachersのメンバーであるJames Dean BradfieldNicky Wireのソロアルバムで、国内盤が半額になっています(5/17現在)。
当然、在庫限りなので興味のある方はどうぞ。

ちなみに木村カエラの『Scratch (初回限定盤(DVD付)』も半額の1,700円位だったのですが、こちらはあっという間に完売となりました。
業者による買占めもあるのかもしれませんが、基本的に消費者にとっては嬉しい限りのセールとなりました。

Amazonの在庫一掃セール

Amazonがこれだけ大規模のセールをやると、既存の小売業者に打撃を与えるのは間違いないですが、良質な音楽が少しでも安く手に入れられるきっかけになるのなら大歓迎だし、高すぎる国内盤のCDの価格自体の低下に繋がれば良いかなと(ただし、複雑な流通形態と著作権自体の配分の根本から変革しないといけないので問題は複雑ですが)。

2007年05月12日

パッケージの魅力を過剰に伝えるNine Inch Nailsの『Year Zero』

例えば、レコード時代にRolling Stones『Sticky Fingers』のジッパーやVelvet Undergroundのバナナがあったように、音楽にはただ単に音楽を聴くという事以外にも付随した遊び心があったと思います。
残念ながら自分はリアルタイムでのレコード世代にはギリギリ間に合ってませんが、歌詞やライナーノーツを手に取る喜びや、アーティストの独自の遊び心を楽しみに音楽を聴いていたように思います。

Sticky Fingers
The Rolling Stones
B000000W5N
The Velvet Underground & Nico
The Velvet Underground
B000002G7C


もちろん、CDなどパッケージ販売が音楽配信にシェアを奪われていくのは仕方ない事だとは思っていますが、その一方でパッケージ販売にしか出来ない仕掛けや購入意欲を湧かせる為の創意工夫を、最近のアーティストからはあまり感じない事を非常に残念に思います。


さて、Nine Inch Nailsというバンド(実際はTrent Reznorのソロプロジェクトといっても差支えが無い)が発売した『Year Zero』のパッケージには非常に面白い仕掛けが施してあります。

Year Zero
Nine Inch Nails
B000O178BY


ジャケットに関してはP2Pとかその辺のお話さんのこの記事に詳しくありますが、著作権侵害警告を皮肉った警告文を印字しています。

個人的にもイカシタ音楽を知る為の方法の一つとして、友人に教えてもらうという重要なファクターがある限り、その事すら否定しかねない著作権関連の縛りは必要ないと思っています。

また、『Year Zero』のCD自体にも面白い仕掛けが施してあって、熱によってCDの色が変色し、そこに秘密のコードが隠されていたり、それを解読する事によってシークレットサイトのURLが浮かび上がり、シークレットトラックを手に入れられたり・・・

過剰なまでに様々な仕掛けが施してあります。

シークレットサイトの詳細に関してはB3 Annexさんのこの記事に詳しく掲載してあります。

この辺の仕掛けはゲーム大好きTrent Reznorらしいもので、非常に凝った物になっています。
個人的にはちょっと凝りすぎかなとも思いますが、パッケージ販売と音楽配信を繋ぐ一つの方法論として評価されるべきアイデアである事は間違いありません。


最後に肝心の内容に関してです。

正直なところ、この「様々な仕掛け」の話が無ければ新作を購入してたかどうかわからなかったのですが、前作の『With Teeth』と比べてサウンドに緊張感や切迫感を感じます。ヒップホップ的なアプローチが増え、インストの曲もあるのですが、Nine Inch Nailsらしいベタなポップさも失っていない事で非常にサウンド的にはバランスの良い作品に仕上がったと思います。
また、『Year Zero』は近未来や世界の終焉をテーマにしたコンセプトアルバムで、アメリカ政府に対する皮肉や警告が満載な内容となっており、コンセプトアルバムとしての完成度の高さとそれを補完する形でのパッケージとの相互関係は成立しているといえるでしょう。

サウンド面だけをとっても、『Year Zero』Nine Inch Nailsのキャリアの中で最高傑作とまでは断言できませんが、難解すぎた『The Fragile』、開放的ではあったものの、やや弛緩してしまった感のある『With Teeth』を超える出来ではないでしょうか。

The Fragile
Nine Inch Nails
B00001P4TH
With Teeth
Nine Inch Nails
B000929AJQ


本当に手にとって見たくなる作品。

これが今後のパッケージ販売の鍵を握ると思います。


自分の好きなアーティストが意図的に歌詞を伝えようとしないアーティスト(初期のR.E.Mの様に)でないのならば、歌詞カードがある事を嬉しく思う。
そして、それ以外にワクワクする様な事が起こるのであれば、もっと嬉しく思う。

単純な話で本当にそれだけだと思う。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。