スポンサードリンク

2007年02月28日

The Feelingの『Video Killed the Radio Star』と音楽配信の好調

PC向け・携帯向けを合わせた有料音楽配信の売り上げ額が、2006年は前年比56%増の534億7800万円になり、同年のCDシングルの生産実績を上回ったことが、日本レコード協会が2月23日発表した有料音楽配信売り上げ実績で分かった。
ITmediaニュース
少し前のニュースですが、昨今の音楽業界の事情が読み取れる興味深いニュースです。
このニュースだけ見ると、フォーマットの変化による業績回復の明るいニュースの様に見えますが、シングルの売上は激減しているわけですので、音楽業界全体で見てみるとそれほど業績が伸びてるわけではありません。
むしろ心配なのは、有料音楽配信の売り上げの大部分を占める「着うた」等の携帯電話のサービスが頭打ちを迎えた時で、この時に音楽業界全体がどの様な方向転換を図ってくるかによっては、音楽業界の衰退に歯止めがきかなくなるのではないでしょうか?
今の有料音楽配信を支えているのは、若年層の利用者による携帯電話での利用ですので、これだけ一気に伸びた業績は、逆に若年層の移り気な消費動向の変化にも影響を受けやすいといえるでしょう。ですので、勘ぐって見た場合、非常に地盤が緩く危うい構図という見方も出来ます。

近い将来に間違いなくやってくるであろう有料音楽配信の頭打ち。その時にアーティストやレコード会社が、いかに優良なフォーマットやコンテンツを提供出来るか?そして何よりも規制にとらわれた業界のしがらみを破壊出来るのか?
このあたりが鍵を握っていると思います。


さて、The Buggles大ヒット曲『Video Killed the Radio Star』(ラジオ・スターの悲劇)はアメリカで開局したMTVが最初にオンエアしたミュージックビデオとして知られ、ラジオからミュージックビデオへ音楽のコマーシャルの媒体が変化した事を象徴した曲として知られます。

Video Killed the Radio Star
The Buggles
B00003CX1A


また、この曲は様々なアーティストにカバーされている事でも有名です。

最近のアーティストで有名なものを幾つかご紹介すると、良く耳にするPresidents of the United States of Americaのポップなロックバージョンに、Ben Folds Fiveのいかにもなカバーなどがあります。

Pure Frosting
Presidents of the United States of America
B0000062IL

Whatever and Ever Amen
Ben Folds Five
B0007TFGXU


個人的にはエレポップ界の最重要グループErasureの、原曲を更にヴォコーダーで歪ませてキラキラさせたカバーが秀逸だと思います。

Other People's Songs
Erasure
B00007FGIX


つい最近発売されたUKのバンドThe Feelingのカバーは原曲に忠実な仕上がりながらも、自分達の持ち味であるコーラスを生かしたバージョンになっています(シングル「Rosé」に収録)。このバージョンはライブバージョンですが、スタジオ録音に限りなく近いテイクだと思います。シングル「Rosé」のカップリングにはアコーステックで違った趣を見せ、名曲「Swen」の原形になったと思われる「Sewn(Dan's Original Version)」と、これまた名曲の「Fill My Little World」をファンファーレ調にアレンジした小品「Fill My Little Fanfare」も収録ですので、興味のある方はどうぞ。

それにしてもThe Feelingはこれでアルバムからシングルを、「Sewn」「Fill My Little World」「Never Be Lonely」「Love It When You Call」「Rosé」と 五枚切っており(「Fill My Little World」は再発されてるんで計二回発売されてます)、そのバイタリティの高さを発揮してます。
時代に逆行するかのような、アルバムからのシングルカットですが、この様にカップリングにも趣向を凝らした健全な作品が発表されるのであれば、それは素晴らしい事ですし、この様なバンドが存在するという事を多くの人に知って頂きたいと思います。

Rose
Feeling
B000MMMU2W


『Video Killed the Radio Star』は色々なアーティストとリスナーに愛される名曲になりました。

音楽配信が新しいフォーマットの中心となる年に『Video Killed the Radio Star』のような時代を代表する一曲が、果たして生まれるのでしょうか?

2007年02月24日

再結成よりも大切なもの。John Power『Willow She Weeps』

今年はバンドの再結成の話が多く、最も再結成の多かった年として歴史的な一年になりそうです。

遅かれ早かれ再結成するだろうと思っていた、Smashing Pumpkins、Rage Against The Machineはともかく、Genesis、The Policeの大御所の再結成からお約束のGuns N' Roses、The Sex Pistols再結成話。The Jamに関しては中心メンバーのポールウェラー抜きでの良く分からない再結成(流石にバンド名にクレームが付きそうですが)。他にもVan HalenCrowded House、The Sugarcubes、などなど。 MY BLOODY VALENTINEなんて名前も挙がってますが、これは眉唾。個人的にはJamesJESUS & MARY CHAINの新譜が出てくれれば嬉しいと思っております。


さて、2005年に突如再結成してファンを驚かせたThe La'sですが、メンバーのJohn Powerのソロアルバムがこっそりと発売されています。先日発売された『Willow She Weeps』はソロアルバムの二作目ですので、ファーストアルバムである『Happening For Love』(名盤)は更にこっそりと発売されています。
ファーストアルバムでは瑞々しいギターロックを奏でて、ファンを喜ばせたJohn Powerですが、今作はかなり自身のルーツに迫った渋い作品になっています。

Happening for Love
John Power
B00007DNDW


彼のキャリアの中でいえば

ポップ
Cast

『Happening For Love』ファーストアルバム

The La's

『Willow She Weeps』セカンドアルバム

ルーツミュージック
渋い


音楽の傾向はこのような位置関係になっていると思います。
ただJohn Power自身、音楽の幅は狭くはない人なので、次作はCastのラストアルバムである『Beet Root』(名盤)のようなブラックミュージックよりのソウルアルバムを作るのではないかと勝手に予想しています。

新作の『Willow She Weeps』は渋い作品と書いたものの、そこはJohn Power。随所にポップなメロディも垣間見えます。ただ、爆発的に高揚感のあるナンバーは皆無で、前作で掻き鳴らされたアコースティックギターのカッティングは鳴りを潜め、フィンガーピッキングを多用しアーシーでフォークな音作りと独特のリズムに重きを置いた分、好みが分かれる作品だといえるかもしれません(この内容から次作を勝手に予想してるのですが)。
ただ、国内盤のボーナストラックである「Sleeping Soul」や「Yeah,Yeah」あたりはThe La'sの流れを汲みつつもポップな曲に仕上がっています。これはポップな曲を好む日本のファンに向けた彼なりのサービス精神と(勝手に)捉えたいので、購入するなら国内盤をお勧めしたいと思います。

Willow She Weeps
John Power
B000I6AFLU


私が世界で一番次回作を切望しているのはThe La's

昨年発売された『BBC in Session』が各方面で絶賛されていますが、これはThe La'sの本質をパッケージした作品だからで、2005年のライブを見た人にしてみれば、絶賛されるのは当然の結果です。

なぜならこの『BBC in Session』はあの場所で繰り広げられた音楽の匂いを感じられる唯一の音源だからです。

もし、貴方がThe La'sを聞いた事がないなら『ゼア・シー・ゴーズ~シングル・コレクション』を聞いて欲しい。

もし、アルバム『The La's』しか聞いた事がないのなら『BBC in Session』を聞いて欲しい。

Lost La's 1984-1986 BREAKLOOSE (1999年)
Lost La's 1986-1987 CALLIN'ALL (2001年) は聞かなくても良い


そして、もし気に入ったのならJohn Power『Happening For Love』を聞いて欲しい(アマゾンマーケットプレイスなら安価で手に入る)。

もっと気に入ったら『Willow She Weeps』Castのアルバムも聞いて欲しい。

そしてもう一度奇跡が起こるなら、ぜひライブに足を運んでもらいたいと思う。

BBC in Session
The La's
B000HD0Y4C
ゼア・シー・ゴーズ~シングル・コレクション
ラーズ
B000CBNZWW



色々な再結成が話題なるであろう今年。

アルバムを作らない再形成なんて蛇足でしかないし、再結成するバンド達の新作を楽しみにしたいと思っています。

2007年02月20日

イギリス・リーズの音楽シーンが生んだThe Inventionの「Shock To The System」

リーズ(Leeds)はイングランドの都市。ウェスト・ヨークシャー地方に位置する。人口は約71万5千人(中心部の人口は約43万人)。ロンドンから鉄道利用で2時間半の場所に位置している。

リーズはイングランド内で3〜4番目に大きな都市と言われているが、町の中心から30分も車で走れば、牧草地に羊が群れて草を食んでいるヨークシャーの田舎の景色を十分に堪能できる。ヨークシャー・デール(国立公園)はイギリスの中でも主要なトレッキング・スポットとしても有名である。ヨークシャー人気質として、頑固で無骨、寡黙さ、一途さが挙げられるが、こんな自然環境が彼らの気質を形造ってきたと言えるであろう。
Wikipediaより

イギリス・リーズのバンドシーンが活発です。

リーズ出身のバンドとしては少し前までThe Wedding Present(John Peelが愛したバンド)がその代表格としてあげられてたと思うのですが、
ビザーロ
ウェディング・プレゼント
B0001E3D9A

最近ではKaiser Chiefsの名前が一番に挙げられます。実際Kaiser Chiefsの大ヒットがリーズに与えた影響は大きいでしょうし、インディーズのバンドシーンに活気を与えた事は間違いありません。その証拠に日本でも、リーズ出身のバンドとしてBlack Wire、The Pigeon Detectives、Duels、Forward Russia!、など多数のバンドの名前があげられるようになってきました。

また、リーズはマンチェスターにも近く、ダンスミュージックやクラブシーンも活発な土地柄です。その為、The Musicの流れを汲むビートが強めのバンドも数多く排出しており、昨年ロック系のクラブでも人気だったThe Sunshine Undergroundはその最たるバンドだといえるでしょう。ちなみに私は某通販サイトの情報でひとくくりにされていた為、THE KBCというバンドもリーズ出身だと思ってましたのですがこれは勘違いでした。。
レイズ・ジ・アラーム
サンシャイン・アンダーグラウンド

B000JBWXN2
オン・ザ・ビート
THE KBC

B000K0YEGQ


すみません・・・

正確にはTHE KBCはプレストン出身です(リーズ・プレストンは比較的近所さん)。


さて、今回紹介するバンドThe InventionThe Musicの流れを汲むバンドで、日本先行発売になった「Shock To The System」は未だ本国ではリリースされていないものの、一つの方向性と大きな可能性を感じさせる内容になりました。
この手のバンドに物足りなさを感じるのは、言葉をダンスビートに過不足無く乗せる事のみに焦点が合いすぎてしまい、同じ様なフレーズが繰り返される事でメロディの展開や表情が希薄になってしまう時で、そのメロディの単調さがサウンドより突出してしまう事で、楽曲のバランスを欠く時のように思います。
しかし、このThe Inventionのメロディはサウンドに不釣合いなほど親しみやすくポップな為、一歩間違えばすごくベタで不出来なポップソングに聞こえてしまうのですが、このサウンドに乗る事で新鮮さを維持しながらバンド自体の突破口を開く事が出来たのはないでしょうか?
数多く存在する同じようなバンドの中でも、もっさりと重たくなく、軽やかにすら感じるのはその辺に理由があるかもしれません。

The Sunshine Undergroundは多様な音楽の方向性をアルバムで提示し、意外なほどの器用さ見せ付ける事で将来性を感じさせましたし、THE KBCがアルバムで見せた、あのキラキラしたギターサウンドはダンスミュージックの影響下というより普遍的なロックバンドとしてのポテンシャルを感じました。

そしてこのThe Inventionはアルバム「Shock To The System」でメロディに力と可能性を感じさせてくれました。
1曲目の「FIVE-A-DAY」と2曲目の「VOLTAGE」のメロディに触れるだけでもこのバンドの曲を聞く価値はあると思います。

試聴はMySpaceで出来ます↓
http://www.myspace.com/theinvention2005

ア・ショック・トゥ・ザ・システム
インヴェンション
B000KEGCQW


新作をもうすぐ発表するKaiser Chiefsを先頭にリーズのシーンが盛りあがる事は、本当に素晴らしい事だと思います。

アングリー・モブ~怒れる群集
カイザー・チーフス
B000LZ55EK


しかし、その一方で日本では感じることが出来ない、小さな都市からの音楽シーンの盛り上がりに嫉妬と羨望すら感じてしまいます。
そんな事を思えば思うほど、日本の音楽業界に対する不安を感じてしまうのは私だけでしょうか?

2007年02月15日

Wikipediaに閉鎖の噂?

多くの人がお世話になっているWikipediaに閉鎖の噂が出ています。

詳しくは以下のサイトに詳しく出ているので参照を。

Wikipediaを閉鎖させないために必要な金額はいくらなのか?

GIGAZINE様

音楽好きの人なら一度は開いたことのあるWikipediaですが、どうやら資金難のようです。
Wikipediaは善意の非営利サイトですので、広告等が一切表示されません。この事によって中立性を保ち、客観的な辞書としての機能を維持しているという特性がありますので、広告を表示したり、企業と提携する事で収益を見込むことは難しく、収益を上げる事自体がサイトの趣旨から外れてしまう事を考えると、非営利団体を維持する事が前提だと思います。
ちなみにWikipediaを維持する為には、6ヶ月で2億円の維持費が必要となるそうで、多少の広告を貼ったくらいでは解決しない額になっています。

Wikipediaが閉鎖されると、そこに蓄積された有益な情報はどこに行ってしまうのでしょうか?

Wikipediaの収入源はほとんどが寄付(グッズ販売も行っている)であり、多くの寄付が集まる事しか解決策はなさそうです。

私自身、Wikipedia存在は素晴らしいと思っていますし、Wikipediaにヒントを得て音楽データベースサイトを思い立ったわけですから、ぜひとも存続して欲しいと思っています。
音楽データベースサイトが出来ればWikipediaの拾い切れていない部分を補完していくつもりですし、もちろん差別化も出来ると思ってます。そして、音楽データベースサイトが成長していければ、良い形で共存が出来ると信じています。

もちろん、Wikipediaで起こっているような資金面に対する破綻は、将来的に音楽データベースサイトにも起こるかもしれません。
音楽データベースサイトでは収益を上げる事も平行して行うつもりですので、利用者と広告主、そして情報の質とアクセス数のバランスを考えながらシステムの増強を図らないといけないと思います。この点で非常に難しい問題を抱えていると思います。
今回のWikipediaの問題は、その部分をもう一度深く認識する事が出来ました。


個人の力では何ともなりませんが、このエントリーを見て少しでも多くのWikipediaを利用している人に、この問題が伝われば良いかなと思います。
タグ:Wikipedia

2007年02月08日

オーストラリアの名バンドYou Am Iが投げつけた「Convicts」の行方

以前もオーストラリア盤の価格が高いという話は書いたと思うんですが、ようやくYou Am Iという素晴らしいバンドの新作「Convicts」のUS盤(オーストラリア盤に比べると大分廉価)が発売され、購入出来たのでレビューを書きたいと思います。

私がYou Am Iを初めて聞いたのは、確かOasisの日本武道館の公演のサポートに抜擢された前後だったと思うので、恐らく「Hourly, Daily」か「Dress Me Slowly」だったと思います(記憶が曖昧)。
その当時、彼らは既にオーストラリアでの地位を確立していたものの、日本では全く無名の存在(今でも無名に近いが)だったにもかかわらず、Oasisの前座に抜擢された事が非常に印象的でしたし、You Am Iが、ほとんど聞いた事の無いオーストラリアのバンドだった事に興味をそそられたのを憶えています。

Hourly, Daily
You Am I
B000003MSK


Dress Me Slowly
You Am I
B00005IBMR


さて、You Am Iの新作(7作目)である「Convicts」は非常にコンパクトでありながらも、ロックンロールとしか形容できないサウンドに仕上がりました。
ボーっと聞いていたらあっという間の36分間で非常に短く感じるのですが、だからといって単調な作品ではなく、実に様々なタイプの曲が詰め込まれています。奇をてらうのではなく音の表現方法の幅を広げる事で、コンパクトにまとめながらも趣の深い作品を作りあげる。これって60年代の名盤と呼ばれるアルバムなんかも同じで、中毒性が高いアルバムというのは、一聴すると単調に聞こえるのですが、気が付けば何度も聴いてしまうものだと思うのです。


アルバムの一曲目からいきなりファーストに向かって剛速球を放つ「Thank God I've Hit the Bottom」でぶっ飛ばされ、ハードでやさぐれたように聞こえても、実は美メロ(You Am Iの真骨頂)の「Friends Like You」「Nervous Kid」の二曲の流れが素晴らしく、特に「Friends Like You」は素晴らしくポップな出来栄えです。


ちょっと脱線

The Muffs' Fanpage In Japan様のこの記事でぴかおさんがティーンエイジ・ファンクラブと比較されてましたが、自分は「Nervous Kid」を聞いてBeach Boysがまず頭に浮かびました。「Friends Like You」とか良く聞くとFountains Of WayneDeniseみたいだし、非常にポップで愛おしいメロディ書くなーと思いましたよ。この辺からもTFCぽいというのは同意です。多分TFC「Thirteen」あたりの音からノイズを引いてタイトにすれば、You Am Iに近づくのかと(つまりメロとコーラス部分とギターの鳴りなんですけど)。

脱線終了


また、You Am Iの素晴らしいところは遊び心や緩急を忘れないところで、「Thuggery」「Constance George」(Summertime Blues!!)といった楽曲のように息がつける様な、ホッとする様な抜きどころを短いアルバムの中でも設けているところが、このアルバムに色彩と温かみを与えているのではないかと思います。

こんな素晴らしいアルバムが日本では無かった事の様にされているのは非常にもったいないですし、もはやオーストラリアのロックシーンは無視出来ない状況になっているわけですから、日本のレコード会社もさっさと日本盤を出して欲しいものです。
オージーレーベルを作ってもいいくらい、今のオーストラリアの音楽シーンは充実していますので。

You Am Iの全作解説はぴかおさんのこの記事に詳しくあるので、興味のある方はこちらもぜひ参照してみてください。

自分も機会あればYou Am Iの他の作品もレビュー書きたいと思います。

Convicts
You Am I
B000JJRXGQ


また、以前ご紹介したYouth Group(こちらもオーストラリア)のアルバム「Casino Twilight Dogs」も廉価なUS盤が登場していますので、この機会にどうぞ。
名カバー「Forever Young」も当然収録されています。

Casino Twilight Dogs
Youth Group
B000LPR520
タグ:You Am I Convicts

2007年02月02日

皆さんにお願いです(ご意見お聞かせ下さい)。

前回のエントリーで書いた経営革新計画に係る承認申請書に関しての皆さんにお願いがあります。

音楽データベースサイトを作成するにあたって、良く言われるのが「収益性」に関してで、所詮趣味の世界なんだから、事業として成り立たないのでは?といった類の事です。

今回の書面を作成する際に添付する書面としても、

どのようなニーズがあるのか?

本当に会員数を見込めるのか?


これを証明できる資料があった方が良いとの事で、
今mixiのコミュニティで感想や意見等を募集しています

コミュニティは今のところ承認制ですが、参加してみたいと思った方はお気軽に参加して頂けたらなと思います。

mixiに参加されてない人もこのエントリーにコメントを残して頂ければ非常に嬉しく思います。もちろん、直接メールでも良いのでお願い致します。

市場性が認められるものであればどんな意見でも大丈夫です。


もう一点お知らせなんですが、自分がスタッフをさせて頂いているイベントOrangeの方で昨年の年間ベストに関する記事を書いております。

良かったらこちらもどうぞ♪

以上、お知らせ二点でした。
posted by jojo at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ただのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。